HOME

テイセン産業㈱は、総合防災企業を営む帝国繊維㈱(東証一部上場)のグループ企業です。
大海原を進む日本丸の雄姿「写真提供:独立行政法人 海技教育機構」

テイセン産業㈱は、日本における製麻事業の先駆けとして、1907年(明治40年)に創立された(現)帝国繊維㈱の子会社として、1954年(昭和29年)6月に我が国最初の近代的亜麻製織工場を茨城県下妻市でスタートさせました。
帝国繊維㈱は、伝統的なリネン事業に加え、今や大規模災害を含め様々な災害に対応する総合防災企業に発展しており、テイセン産業㈱はその一翼を担い、現在は主に防衛省向けの大型天幕やトラックの幌を製造するとともに、民間向けでも建材機器や精密機器の保護カバーをはじめとして様々なカバー類などを製造しています。 さらに帝国繊維㈱が製造する帆布やケブラー等高機能繊維の販売も行っています。
(*独立行政法人海技教育機構練習船*日本丸の帆にはその帆布が使われています)
また、昭和22年に(現)帝国繊維㈱の関係者6名により設立された安田火災海上保険(現損害保険ジャパン日本興亜㈱)の保険代理店である㈱六合社と平成19年に合併し、保険代理店業務も行っております。